もみじろぐ

いろいろな雑記。げろげろー

たまには情報量を落としてみる。

久しぶりにブログを書いている。

人のブログを読んで、触発されて書いている。

 

最近、どころか、ここ1年ぐらい。

暇あればゲームか、アニメか、動画か、音楽か、ラジオか。とにかく1MBは越えるような情報ばかりインプットしてきた。

退屈すれば、手を替え品を替え。世の中はすごいもので、消費しても消費してもコンテンツは湯水のようにあちこちから湧いてくる。

だから気付きもしなかった。情報量を落とした、たかが膨れてもKBに収まるテキスト媒体の安心感なんて。

 

先週ぐらいだったか。ふと実家に戻って手に取った読みかけの小説。持ち帰ってきて、なんとなく手が空いた時間に手に取った。

久しぶりの読書には不思議な安心感があった。片手に収まるようなサイズ。手で紙をめくる感覚。少し古本のように黄ばんだ紙の匂い。

 

ゲームやアニメは大好きだ。

でも、読書も良い。例えるなら、上品な喫茶店で珈琲の香りを嗅ぐような、そんな安心感がある。落ち着きがある。

 

文字だけのメディアも良い。

恥ずかしい話だが、ここ数ヶ月、Twitterの最大140文字以上の文字を読む機会がなかったように思う。世間を騒がせているニュースだって、ニュースサイトまで読みに行かず、Twitterに流れてくる見出しだけ摂取して全てを理解した気になっていたかもしれない。

だがふと、はてなブログのアプリを開けば、かつて同志だったブロガーたちの近況がズラりと並んでいた。

無機質に並んだだけの情報だったそれが、今の文字に飢えた僕にはすこくエモーショナルなものに見えた。直近の何個か読ませて貰った。

 

そうだ。そうだよ。これがブログだよ。

 

エモさが爆発した。

そして僕は今、こうしてその思いの丈を綴っている。

 

文字を読むことすらご無沙汰なのだから、書くことはそれ以上のご無沙汰だ。

ちゃんと文章として成立しているだろうか。かつてのブロガーとして、恥ずかしくない言葉選びができているだろうか。不安で身体が痒くなる。

 

とりあえず、僕は今、このエモさを文字にぶつけたかった。それだけだ。

特に着地点もオチもない。

 

1つ言いたかったのは、

読書って良いね。文字メディアって良いね。

 

今の僕のクリエイティブなエネルギーはゲーム実況に全振りされちゃっているけど、どこかで、サンドイッチで余ったパンの耳を活用するみたいに、端っこのちょっとしたエネルギーで文字にも携わっていたいものだ。

 

 

 

読まれるブログ、見られる動画

僕は1年前からYouTubeをやっている。

ひょんな事からゲーム実況にハマり、ひょんな事から自分もできるんじゃないかと思い込み、ひょんな事から続いてしまってここまで来た。

 

でも実際、数字は伸び悩んでいる。

 

当たり前と言えば当たり前で、自分のやりたいと思ったことを自分のやりたいように無秩序にやって来ただけで、「見られる動画」を意識して作ってこなかった。

それはこのブログと同じだ。

 

厳密に言うならば、見られることを意識する瞬間はあるが、それを第一としないよう意図的に立ち回ってきた。

 

なぜかと考えてみると、おそらく僕は、「見られるを第一とした時、僕の産み出すコンテンツは心を失うに違いない」と思い込んでいたのだと思う。

 

 

「コンテンツが心を失う」

わかりそうでわかりにくい表現。

 

僕自身もこの感覚を文字に起こすのは難儀する。

もしかしたら、僕と近い何かを持って物作りをする人なら、共感してくれるかもしれない。

共感してくれたら、ぜひこの感覚をよりよい言葉で言語化してくれるとありがたい。

 

 

まぁ、ともかく。

僕がここで今まで書いてきたブログと同じように、僕の作る動画たちは届くべき人に届いていないのが現状だ。

 

数字に執着し始めると、まず数字=価値という考えに囚われるが、今の僕にはそこは違うと断言できる。

数字は確かに客観的だが万能な指標ではなく、ある一定の条件、場所において、そこの通行人数を示すだけのものだ。

 

例えるなら、絵画展があったとして、絵画展を開催している建物の入口を通った通行人をただ集計していて、それが絵画展の価値とイコールだと主張する、みたいなものだと思う。

 

何が言いたいかと言うと、僕のコンテンツの価値は全て数値に現れてはいなくて、それは相応の努力で埋められる差分で、つまり届くべき人に届いていないということだ。

 

僕の課題は、コンテンツ力ではなく、ずっと集客力のなさ。

そう気付いてきた。

 

 

まだうまく全てを文字に起こせないけど、

感情とロジックのバランスを上手くとりもって、僕は今、見られる動画を頑張ろうと決意している。

 

随分前からそうすべき、そうしたいと思っていたけれど、ようやくできそうだ。

あるいは前から試みてはすぐに折れていた心が、しなやかになって来たのかもしれない。

 

 

結局何が言いたかったのか、

よくわからなくなってきたが、僕の心は今晴れやかだ。

 

ここはあまり読まれるためのブログではないけれど、動画の僕は、見られるための僕になろうと思う。

 

そう決めたら、あとは一つ一つやるだけだ。

 

スキルアップと貢献

今週のお題「下書き供養」

 

 

職種として、

常に新しいものをチェックして、理解して、取り入れて、扱って。

 

そういうことをしなければならない、仕事をしている。

 

僕は僕の知っている範囲のことしか、言えないけれど、

誰しも、どんな職業だろうと、上に上に、勉強し続けなければならないのかもしれない。

 

人生、一生勉強。

みたいなことを、どこかの偉そうな人が言っていた気もする。

 

 

でもさ、

ぶっちゃけ、しんどいよね。

 

楽しくても、やりがいあっても、

常に目の前に高い山がそびえている気分は、あまり良いものじゃない。

 

そもそも、学生時代、受験に向けて必死に勉強して、好きでもない知識を無理やり頭に詰め込んで、

やっと勉強から解放されたと思ったのに。

 

----------------------- 

 

 

と、ここまでが下書き。

でも、たぶん今の僕はこの悩みを乗り越えた。

 

僕の仕事は、パソコンを使って行う技術職で、

 客観的事実として、スキルアップをしなければならないのは、その通りだ。

 

けど、「スキルアップをしよう」なんて意識をせずとも、日々の仕事をこなしていくだけで経験という形でスキルは重なっていく。

そして、少なくとも今の環境は、僕にスキルアップのための業務外の勉強を強制してくる環境ではない。僕が勝手に、「常に勉強しなければならない」「常に新しいものに追いつかなければならない」と思い込んでいただけ。

 

どういうきっかけだったか、ふと、「あぁ、別に、無理しないでいいんだ」って気付いた。

 

ちょうど年の近い後輩が入社してきて、その後輩がすごい意欲が高くて、それに影響されたのかもしれない。

どこか張り合おうとしてたのかもしれない。

 

貪欲にスキルアップしなければ、今の環境に自分の存在価値がなくなると思っていた。

 

 

でも、環境=職場に対する貢献はスキルだけとは限らない。

 

あんまり自慢げに語るものでもないのかもだけど、

僕は職場で自分の趣味の話をよくしていて、その結果として、職場でゲームについて語るスレッドができ、月イチぐらいで実際に遊べたりもしている。

 

自分の楽しさから自然とそうした活動をしていたけれど、これも大きなコミュニティ貢献かもしれないと気付いた。

 

来年度の目標には、そういった活動を自分の目標として据えてもいいかもしれないと思った。

 

 

まとめ

  • スキルアップを意識せずとも、日々の業務でスキルはつく
  • 無理はしなくていい
  • 好きな形で、貢献をしていこう

文字にする心理的負担

前の記事のはなし

わざわざ記事を取り下げるほどのことではないのだけど、いちおう報告。
いじわるされた、のは勘違いでした。

 

友人と仲違いした興奮が残っているさなかに、冷やかしのような匿名のメッセージが来て、今思うとなんで断定したかわからないけど、そこに悪意を感じてしまった。

 

ごめんなさい。
確かに冷静になれば、

ちょっとしたいじりというか、スパイスのきいたメッセージみたいなものだった。

 

当の友人と直接話す機会があって、聞いてみたらあっさり解決した。

なので、大丈夫です。

 


本題

実は最近、裏で、日記を書いている。
ここには書けない個人情報やら会社の守秘義務やら、生々しい感情やら。そういうのを一切のフィルターなしにただ記録として、書いている。

 

できれば毎日続けて、後で読み返してエモくなったりしたいのだけど、まぁそう習慣化もできず、ぼちぼちやっている。

 

 

またそれとは別の話で、最近ラジオをやっている。
いや、ラジオ自体は大学時代からかじったりやめたり、いろいろしてはいる。

ただ今回のは自分的に真面目にやっている。どうしたって独りよがりだけど、出来るだけ独りよがりにならないように、人の耳に届ける意識でやっている。


で。
ラジオといえば「おたより」っていう枕詞というか、ポケモンでいうモンスターボールみたいな立ち位置のコンテンツがあるのだけど。
まぁ、来ない。

 

冷静になるまでもなくわかる。
芸能人でもなんでもない、特徴もこれといってない一般男性25歳に、わざわざ文字をしたためてくれる聴衆なんて、まずいない。そもそも聴衆がいない。


ただ今日は、「どうしたら無名な一般男性が有名になれるか」ではなく、「文字にする心理的負担ってパないよね」って話をしたい。

 

そう、文字にするのは疲れる。

日記の話に戻るけれど、人々が日記をなかなか継続できないのは、文字にすることに疲れてしまうからだと僕は思う。

各々の適性とか、文章力の有無とか、そんなのに左右される以前の問題として、脳内の思考を文字情報に落とし込むのは難易度がとても高い。

 

「おたより」もそう。

僕のラジオで来ている「おたより」は、今のところ、心優しい知り合いや友人からの恩情の文だけである。

逆に言えば、見ず知らずの誰かが唐突に「あなたのラジオ、素敵ですね!」とか「共感しますよ!」とか一言だけでももらえることはまずない。

何故かといえば、見ず知らずの僕のために、そんな心理的負担を乗り越えて文章をしたためるエネルギーがどこにもないからだ。

 

それは自分が、知り合いのラジオを聴く立場になってすぐ理解できた。

ゲーム実況活動を始めて多くの知り合いを増やした僕だが、その知り合いで何人かは僕と同じような規模感のラジオ活動もしている。

ただ、それも玉石混交、というか、ラジオスタイルは千差万別で、最後まで聴き通すのだけでも正直苦痛なものもある。

難なく聴けると感じるものでも、毎回欠かさず聴くほど熱中はしないし、ましてや「おたより」など、滅多に自分のエネルギーを割けるものではない。

 

多くのラジオを試聴して感じたのは、一般的なラジオのおける「おたより」とは、まさに一通の紙の手紙のようなボリュームで、何度も読み返して練りに練られたような愛のこもった文章であるということだ。

それを自分の視聴者に必須で求めるわけではもちろんないが、「おたより」というコンテンツはそうした、リスナーとパーソナリティを深く結びつけるような、ラジオという媒体を通して、文通しているような重厚なコンテンツなのだと気付いた。

 

当然、そんな深い関係性は、見ず知らずの人とは築きにくい。付き合いが少ない知り合いでもそうだ。

いきなり長文を送れば、不審がられるリスク、誤解されるリスクなどが常につきまとう。それらを背負ってでも話しかけたい出会いなんて、人生で数えられるほどしかないだろう。

 

 

ブログだってそうだ。

共感したり、素敵だと思ったブログ、記事にコメントをするには相当の勇気と覚悟、エネルギーがいる。

 

僕だって一人の読者として、まだ片手の指で足りるほどしか経験がない。

 

だから、はてなブログのスター機能は好きだ。

気軽にその人に応援の気持ちを伝えられる。うまく言葉にはできないけど、とりあえず小さな肯定・同意・共感・存在を伝えられる。

今日も巡回して、ぽちぽちとしてきたところだ。

 

僕にはあたなにかける言葉を紡ぎ出せる力と勇気がないけれど、「今日も読んでいるよ。」「応援しているよ。」

 

 

着地点を決めずに飛び立ってしまって、変な空路で旋回しているけれど。

文字って、文章って、しんどいよね。書くのも、読むのも。

それを伝えたかった。

 

 

そういえば以前に似たようなことを記事に書いた気もする。

きっと今の僕よりはブロガーな僕だから、そっちのがスマートな文章だったりして。

 

いじわる

いじわるをされた。

例の、友達関係での、ごたごた関連で。



詳しくいえないけど、すごい陰湿なやり口で、ひさびさに悪意なんて受け取った。


でも第三者に相談すると、やっぱり僕は悪くないよなって結論に至る。

なんだか理不尽だ。



たぶん相手はこっちがこんな気持ちになってるなんて気付かない。
あるいは気付いていたとして、それが当然の報いだぐらいに思っていそうだ。


嫌な話だ。


とりあえず、僕は戦うことに決めた。

あえて気付かないふりをして、真面目にそのいじわるを跳ね返そうと思う。


どうせ何回も続けられるいじわるでないから、相手はいつか飽きる。



相手が飽きるか、僕が沈むかの勝負だ。

こんな理不尽な形で負けたくない。