もみじろぐ

いろいろな雑記。げろげろー

成人を思い出す

今年は、やけに成人式の話題を見た気がする。

身近なフォロワーさんが成人したー、ってのが2,3人。
成人になったおまえらに一言〜的なツイートも、RTやふぁぼでTLによく流れてきた。



僕は、今年2020年の誕生日で、25歳になる。浪人+大学4年+社会人1年。
ひええ。
もう20代の前半が終わったかと思うと、恐ろしい。



当時の僕は、どんなだっただろうか。

印象的だったのは、
成人式で中学の同級生やら、高校の同級生やら、同じ塾に通っていた子らと遭遇したこと。
中学の同窓会で、セミフォーマルな格好で、って言われて困って、中学の地味めな子らと普通に私服着ていって周りがスーツだらけで大恥かいたこと、ぐらいか。


うん、なんか、まだまだ青くて痛々しかった。
今は今で、また数年後に振り返れば、青く見えるのかもだけど。


当時のブログも見つけた

momijitan.hatenablog.com

なんでほろよいのサムネつけとんねん。


前後の記事もざっと読み返して、なんというか、胃もたれするような気持ちになった。
若さというか、幼さ…かな。

ふえぇ。



明確に10代だった中学や高校の頃は、大人って立場がすごい一段上の存在に感じてて、20歳かあるいは社会人になった途端、急にぴしっと自分が入れ替わるような漠然としたイメージがあった。

それがまるで間違いだったことは、今はわかる。


20歳になっても、社会人になっても、自分がわかりやすく変わることはない。
自分は自分。
変わろうとしなければ本当にそのままだし、変わるきっかけがあっても、それは何ヶ月か年単位で、皮が徐々にポロポロ剥がれていくみたいに変わっていく。

だから、子供みたいな大人がいるのも納得できる。

はてさて、自分はどうか。

彼女のお姉さんには、まるでおじさんみたいに成熟した人だと言われたけれど、
僕自身はまだまだ、意地っ張りで融通が利かない子供を内側に感じている。


30歳になったら、自分をどう思うんだろうか。
楽しみだ。



別に、成人になった誰かに、何か言いたいわけじゃない。
先輩面なんかしたくないし、年齢は下でも先輩だなって思える人だって、きっとたくさんいる。


僕とあなたの歩幅は違うし、そもそも歩いている道は別々。
もしかしたらどこかで交わったりするかもしれないけど、離れていくかもしれない。
道は一人ひとりにあるし、その歩き方は人それぞれ。
走ってもいいし、座り込んで休憩もいい。振り返ってちょっと逆走するのもありかも。


あなたがあなたの道を好きに進めること祈っているよ。


僕は、25歳になった日に、きっと何か書こう。
26も、27も、30も。きっと。




なんかそれっぽく情緒的に書いてるけど、自分でも深くは考えてない。
そうであったらいいね、ってだけ。

そういえば、少しブログのモチベーションが高いので、カテゴリーを細かめに分けることにした。
今までは、なんだか、自分のまとまらない思いを「意見です!」って感じにするのが嫌で、日記・雑記としてほとんど書いていたんだけど。
まぁ、今更、なんか人の目を怖がるのもバカバカしくて。
少し胸張って書いていこうかと。