もみじろぐ

いろいろな雑記。げろげろー

会話とはキャッチボールなのであって、

会話とはキャッチボールだとよく言われる。

 

どこの年代まで浸透している慣用句(?)なのか定かでないので、もしかしたら、僕が糾弾したい人らはこの言葉を知らないのかもしれない。

 

だから強く言う。

キャッチボールなのだ。

決してバッティングセンターでもないし、投球練習場でもないのだ。

 

双方向のやり取りなのだ。

 

相手の球をどこか遠くへ飛ばすのも、相手に受け取れない球をこれでもかと投げつけるのも、「会話」という言葉の意味から外れた行為なのだ。

 

初球で誤って一方的になってしまうことはよくあるかもしれない。

しかし、2手、3手でもその一方的なゲームを続けるなら、それは会話をする意思がないということになる。

 

会話をしよう。

自戒も含める。