読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メープルたいむ

甘ったるくゆったり読める雑記を目指してます。どうぞ「メープル」な一時を。

ブログが必要な日

ブログが必要な日と、そうでない日がある。

今日はどちらかと言うと必要のない日。

最近は必要のない日の方が多い。

ブログが必要な理由

ブログを何のために書いているのか。

十人十色の答えがあってしかるべきだし、実際ブログを書いている人それぞれの答えがあるだろう。

お金が欲しい、人気がPVが欲しい、人と繋がりたい、とにかく発信したい、日記として残しておきたい、、

今までいろんな理由付けをして来たけど、最近感じるのは「ブログを書く理由」というより「ブログの必要性」だったりする。


以前ブログを何ヶ月も放置してから再開した時に、友達に言われた一言が結構印象的で、頭から離れない。

「もう【もみじ】はブログを必要としてないと思ってたけど、また必要になったんだね」


そう、ブログを書くのは「書きたい」からなんだけど、
感覚としては前向きに「書きたい!生み出したい!!」って感じより、若干後ろ向きな「書かないと言葉にしないとやってられない」みたいな発散的な感覚の時が圧倒的に多い。


だから、俺のブログには自己言及が多くなる。
誰得だかわからない俺の醜態が凝縮された何かばかり生み出されていく。


溜め込んだものは何かの言葉にしないと自分の中から分離できない。
考えたことは良いことも嫌なことも、言葉にして形にして切り離す。

でもその切り離したものを他人に押し付けて回るわけにもいかないから、1人壁に向かってボールを投げる。壁に当たったボールは跳ね返って、辺りに散らばる。

「通りかかった誰かがそのボールを拾ってくれたらいいな」

そんな淡い期待を抱いて、黙々と後になって恥ずかしくなるような言葉を紡いでいく。


必要じゃない日

とは言いつつ、必要じゃない日の方が最近は多い。

Twitterとかに吐きまくってるからなのか、吐きたいことを何かの出来事で塗りつぶしているのか、あるいは吐きたいことを言葉にする気力さえないから。



無理して書くものでもないとは確かに思うし、書けば書くほど暗くなる文章に大した価値も意味もないだろう。

だから頭の中の筆を止めることが増えた。思考を止めて布団に潜り込むことが増えた。


自分の中にあるモヤモヤを言葉にちゃんとまとめるのには時間がかかるし、疲れる。

それをわざわざやって人に嫌われたんじゃ理不尽というか、割に合わないもいいとこだ。



でもこうしてしばらく放置していると、今まで必死に積み上げてきた何かがなくなってしまうようで、何かを生み出さなきゃいけない焦燥感と義務感が生まれてくる。


次の作品を書かなきゃいけない作家のような気分だ。

ほんと、作家なら、お金になるし自分の文章を待ってくれる人がいるし、最高なのだけれど。




まとめ

書きたくなっては手が止まり、書きたくないくせに溜め込んだ下書きを見返したり、

好きなのか嫌いなのか

向いてるのか向いてないのか


でもなんだかんだ一つの記事が書き上がると、一つの作品が完成したみたいで達成感も大きかったり。反応が貰えたら飛び上がるほど嬉しかったり。

その日によってブログと向き合う俺の感情は違うけれど、やっぱりわかるのは、やめられないしやめたくない。

広告を非表示にする