読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メープルたいむ

甘ったるくゆったり読める雑記を目指してます。どうぞ「メープル」な一時を。

「君の名は。」に感動しきれなかった…けど…

この記事はネタバレを含みます。


映画、「君の名は。」見てきました。


f:id:momijitan:20160912225727j:plain
公式サイト*1より

なんだかんだ事前の周囲の反応が「良かった」一辺倒だったので、もうそれはそれは期待値MAXで見に行きました。PVも凄いそそられたしね。

で、その感想なんですが、正直、映画上映後に最初に出た言葉は、「んー…良かった…のか?」でした。


素直に良いと思ったところ

音楽

映画視聴前から、とにかく「前前前世」は好きでした。

www.youtube.com

もうイントロの入りから好きで、サビまでのジワジワと来る盛り上がり、サビの疾走感溢れる中毒性。
何度ループ再生したことか。

劇中でどんな風に流されるのか期待と不安でしたが、まさかのPV仕様。「おぉ!そう来たか!」という意外性と、ただのBGMになり下がらなかった安心感。


そして終盤で若干涙腺を刺激されたのが、「なんでもないや」

なんでもないや

なんでもないや


特に歌詞のこの部分

もう少しだけでいい あと少しだけでいい
もう少しだけでいいから
もう少しだけでいい あと少しだけでいい
もう少しだけくっついていようか


切ないメロディーと語りかけるような歌詞で、恋人を思い切り抱きしめたいような気持ちになった。そしてここからのサビ、最高である。こりゃあ泣きそうにもなりますわ。

これはCD買い…かな


綺麗…よね。

ほんと、もっとゆっくり写して欲しかったってぐらい、綺麗。PVのどこを切り取っても絵になる。

f:id:momijitan:20160912231917p:plain
f:id:momijitan:20160912231931p:plain


光と陰の魔術って言われるぐらいだけど、ほんとに光の入れ具合が絶妙で、うん、すげぇ。どんだけ書き込んであるんだろ。


f:id:momijitan:20160912232005p:plain
f:id:momijitan:20160912232016p:plain
全て「君の名は。」予告 - YouTubeからスクショ


主人公の周囲の人間の個性、キャラの良さ

f:id:momijitan:20160912234644p:plain

個人的には、てっしーとさやちの2人が好き。

もう登場した時点で「カップルかな?」とか思って、途中で「あれ?てっしーはみつは推し?えっえっ」ってなって、でも結局最後にスタバで2人でいて「うんうん、そうでなくっちゃ」ってなった。

f:id:momijitan:20160912234700p:plain

妹ちゃん、四葉可愛い。「おねえちゃん、変やよ!」

f:id:momijitan:20160912234712p:plain

せんぱぁぁぁい!初登場時のできる女感やばかったッスよ!ていうか序盤のフラグ感!美人お姉さん良き!!

f:id:momijitan:20160912234722p:plain
面倒見の良い悪友。
「昨日のあいつは…ちょっと可愛かった//」って言ってる君が可愛いわ!司!!

全て公式サイトのキャラクターページよりスクショ

キャスト陣の演技力

アニメ映画でありがちな「俳優さんキャスティングしたけどなんか声優っぽくない違和感」を主人公2人だけでなく、どのキャラにも感じなかった。

たぶん別の作品で別のキャラクターとしてみたら、「なんか違うなぁ…」ってなってた中の人もいたと思う。たぶん凄いキャスティングが上手い、それぞれがキャラに凄い合っている。

そして一番は、やはり2人が入れ替わった時の互いの演技

f:id:momijitan:20160912235456p:plain
「君の名は。」予告2 - YouTubeからスクショ

うん、上手い。2人とも、わかる、上手い。


ネタパートが面白い

まぁ胸な、揉みたいよな、そりゃ入れ替わったらな。揉み放題だもんな。

瀧が三葉の生前に入れたシーン、「生きててよがった〜」ってなりながらやっぱり揉んじゃう、笑うわw

四葉「やばい、それはやばい」


あと、三葉が瀧に入ったときの一人称のくだり。

前述の通り、三葉verの瀧に照れる司。

瀧の宮森を探す旅に付いてくる2人のはしゃぎ具合。


「クスッ」となるポイントを程良いタイミングで挟んでくる。素晴らしい。



視聴直後に「?」だったポイント


なんでそんなに名前忘れる?

えーっと、最初は隕石落ちて三葉が死んじゃったから…?

でもその後で時空越えてようやく会えて、でも別れたら忘れてる…ん…?

どうして3年のタイムラグが?

口噛み酒でなんで時空を越えられちゃったの?

カタワレ時って時空歪むの?

最後に三葉に戻った時なんで瀧のときにしてたこと(放送を電波ジャックすること)覚えてるの?話してない…よね?

どうやって町長説得したんだろ?

五年後になってなんで急に思い出した?!

ラスト意外と軽くね?!もうちょっと語り合ってもよくない?!

奥寺先輩なんでそんな親しげというか協力的なの?!デートんときあんな気まずそうにしてたやん?!

司となんで一緒なん?友達?!



まぁ「そこはツッコミ入れたら野暮やろ」って疑問点もあることは重々承知。

でも、なんかモヤモヤして、映像音楽がすごかっただけに、終わった瞬間「ん…これってもしかして雰囲気に流されて面白かった気になるやつじゃ…」とか勘繰ってしまっていた。

んでTwitterで呟いて、友人に指摘されて裏設定というものがあったと知り、ネタバレ解説系のブログを読み漁り、思った。

もう一回見てもいいかもしれない…


「わざわざピンと来なかった映画を見直すのってどうなの?それって面白く思えない自分が嫌なだけじゃない?そこまで視聴者側がする必要がある?初見でピンと来なかった視聴者が出るのは映画がその程度だったってことでは?」
とか邪念も走ったんだけどね…

気になる点が増えて「もう一回見て確認したい」って気持ちが強くなったのも事実。

実際、俺は「入れ替わりが宮水の巫女血筋の能力だった」という裏設定に気付いていませんでした。確かに劇中で三葉の祖母が語っていたのに。


前回にそれなりに酷評した「ファインディング・ドリー」については、「まぁ二度は見ないな、うん」と思ったんですが、今回はそうも思えない。ほんとに、正直に、「面白かったのかどうかが判別できない」状態。しかもネタバレ解説を読めば読むほど物語への興味が湧いてくる。

まだ気付けてない魅力があるかもしれない…そんな期待のような何かが心でウズウズしてる。


…決めた!!

熱が冷めないうちにもう一回見てくる!!!!


追記)見てきた!!↓↓
momijitan.hatenablog.com

参考にしたネタバレ記事

あらすじをおさらいするのに最適
movicomi.com


混乱しがちな時系列をまとめていて、とてもわかりやすい。
www.jacknrollll.com


多くの視聴者が抱く疑問に対しての一問一答感が好印象
wakatake-topics.com


考察が独特で素敵
nanokamo.com


最後にめっちゃ個人的文句

ガチ新海誠ファン多すぎ!!以前の作品見てない人に対しての配慮ください!!せめてザクッとあらすじ語るとか!そういうサイトへのリンク貼るとか!知らないから!!!
見てないから!!!!

あとただ話題性に乗っかって中身のない感想書く人も多すぎ!
いいんだけどさ!きっと凄い心に響いたんだろうけどさ!!
もっと具体的にどこが良かったとか言ってくれよ!!!
ただ「よかった!」じゃわかんねぇよ!