読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メープルたいむ

甘ったるくゆったり読める雑記を目指してます。どうぞ「メープル」な一時を。

ブログをさっさと始めてよ、君の声を聞かせてよ

ブログ ブログ-ブログ論
これは主に周囲の友人達に向けて。
 
しばらく放置してた俺が言えたことでもないけれど。
 
 
でもさ、やっぱりブロガー友達欲しい。
 
もちろんネット上でのブロガー友達でもいいんだけど、ときたましか会話できなくてちょっと寂しい。
 
ブログが更新されたら迷わず読んで、感想を言い合えるような、そんなちょっとした議論ができるような関係が欲しい。
 
 
 
俺は身近な人たちの意見に飢えている。
 
というか俺自身、自分から何かを発信することで、「それを受けて誰かが思考するきっかけになったらいいな」って思って書いてる。
 
もっと言及して欲しい。
 
いわば俺にとってのブログって「今日こんなこと考えたんだけど、どうかな?」みたいな、そんな感じ。
 
 
 
「ブログやってみたら?」って言った反応として多いのが、「やってみたいけどブログ書くことねーわwww」って反応なんだけど、それって「私普段何も考えてません」って言ってるのと同義じゃない?
 
 
もちろん、日記的な、今日あった出来事をキラキラと綴って、それだけで需要がある芸能人のアメーバブログならいいさ。
 
それなら特に「考えたこと」をアウトプットする必要がないと思う。
 
そういう類のブログは、そこまで「言語化すること」「思考すること」にこだわらない文章なんだろうし、それはそれで悪くはないと思う。
 
別にそういうブログを否定したいわけじゃない。
 
でも、どうせブログという文字の遊戯に興味を持ったなら、そこは何かを思わせてくれるような文章を書いて欲しい。そのことにチャレンジして欲しい。
 
作文みたいにお固いものじゃなくていい。
 
別に短くたっていい。思いつきでいい。
 
君の書きたい文章を好きなだけ書けばいい。
 
 
要するに、友達の書いた文章とか読んでみたい。
 
まぁ誰もがこんな俺みたいに、自分の内なるものをオープンにしたいわけじゃないのかもしれないけれど。
 
 
でも、俺は知りたいの。
 
自分の内面にあるものを解放することで、分かり合えるかもしれない。
新たな発見があるかもしれない。
新たな出会いがあるかもしれない。
 
その可能性に賭けてみたくないかい?
 
 
 
まさに「君の声を聞かせてよ」って感じだ
 
 

 
 
(この歌めっちゃいいよね、好きなんだ)