メープルたいむ

メープルもみじがお送りする、Webと社会とサブカルといろいろな雑記。エモい×情報量。

飲み会は苦手で、誰かと飲みに行くのがいい

タイトルだけだと、いまいち伝わらなかったかもしれないので、補足説明しますね。
 
俺は飲み会がたぶん苦手です。
 
 
「大勢で飲みながら交流を深めましょう」みたいなコンセプトがまず苦手。
 
人と関わってないと息苦しいくせに、誰かに「人と関わりなさい」って言われると押し付けがましくて、突っぱねたくなっちゃう。
 
というか、まず話したことのない人に話しかけるなんてのが無理。もう圧倒的に無理。
 
例えば相手も一人でたまたま隣の席に座って、みたいな状況だったらまだ勇気を出せる。でも飲み会ってそうもいかない。
 
あらかじめ仲の良い人達が固まって、そこでわいわいと盛り上がっている。
 
そんな中に1人飛び込んでいく勇気はない。飛び込んだとして、「お疲れ様でーす」とジョッキをぶつけてくるので精一杯。
 
そもそもそんなに多くの人と関わる元気がない。
 
 
それに比べたら普通に飲みに行く方がいい。
 
飲みに誘える仲の人らとお酒の力も借りつつ、語り合いたい。
 
多くて4、5人ぐらいがいい。サシで飲むのも良い。同じ話題を共有できる程度の人数がいい。
 
多すぎる人数といると疲れる。
 
 
なんでこんな話をしてるのか、というと、こないだ(数週間前)サークルの飲み会があったから。
 
思い返すと仲の良いメンバーだけで食べて飲んで終わった会だった。
 
 
楽しかったのだけれど、「飲み会のコンセプトから外れたことをしたのだろう」っていう罪悪感でモヤモヤする。
 
 
だからといって勇気が出せるわけでもない。
 
たぶん、これが社会不適合者的な思考なのだろう。
 
 
言い訳なのだけれど、他人に「お前ら仲良くしろ」って言われて仲良くできるものなのだろうか。
 
機会を与えてくれるのはありがたい、けど、それを活かすことを強制されるのはなんか違う気がする。
 
 
 
モヤモヤして、でも気付いたらこんなモヤモヤも忘れて、また何かをきっかけにモヤモヤする。
 
 
 
ずっとそういう、繰り返し。