メープルたいむ

メープルもみじがお送りする、Webと社会とサブカルといろいろな雑記。エモい×情報量。

いじられキャラの本音

俺は、自他共に認めるいじられキャラです。
 
 
Mっぽいと言われます。
 
もういいよ、いじられキャラなのは。さすがに慣れた。
 
 
でもさ、いじられキャラってのはな、好き放題言葉で殴っていい相手じゃねぇんだぞ。
 
 
これわかってる人、案外少ないんじゃないのかな。
 
「いじり」と「いじめ」なんてほんの些細な違いしかないんだよ。
 
 
 
俺はいじるのが苦手だ。
 
もしかしたらそれが「いじめ」になってるかもしれない。
 
相手を本気で不快にしたかもしれない。
 
そんな不安が渦巻いてしまう。
 
 
 
でも、平気で人をいじる人は、きっとそんな思いを抱いたことなんてないんだろう。
 
あるいは見て見ぬふりをしているのか。
 
 
「いじり」のちょうどいい限度なんて、俺にだってわかんない。
 
 
 
確かに、軽い冗談の飛ばし合いは空気を明るくするユーモアがある。
 
でもね、誰が見ても「おい、それはやりすぎだ」と思ういじりはザラにある。
 
いじっていても、心のなかでは「そろそろやめといた方が」と良心が反応するときだってあるはずだ。
 
 
 
そこで踏みとどまってはくれまいか。
 
 
 
確かに「いじり」は一種の愛がある。
 
でも、それを免罪符のように、ズカズカと人のナイーブな内面に踏み込んでくる糞野郎がいる。
 
 
 
「いじり」は悪じゃない。
 
でも、それは言葉の針には変わりない。
 
安全なツボに刺さなければチクッとするぐらい、わかるだろう?
 
 
 
 
 
おしまい。
 
 
 
 
 
この記事を読んで共感したので書いてみたよ。

www.continue-is-power.com