メープルたいむ

メープルもみじがお送りする、Webと社会とサブカルといろいろな雑記。エモい×情報量。

Twitterが大事な居場所

「君にとって、ツイッターって大事な場所なんだね」
  
友人の一言。
 
すごく頭の中に響いて離れない。
 
 
その通りだよ。
 
もうきっと僕はあの場所から離れられない。依存している。
 
僕の人間関係はツイッターが全てだ。
 
正確には、全てだった。
 
 
そう、もうツイッターが全てではなくなっている。
 
前よりもLINEで会話もするし、面と向かって人と話さない日はほとんどない。
 
 
でも一人になると、必ずあの場所に戻ってしまう。
 
文字だけの少ない情報で、様々な人を観察し、言いたいことを吐き出し、それに対しての反応に心躍らせる。
 
 
 
悪いことではないのだろう。
 
仮に悪いことだとしても変えられないのだから、どうでもいいかもしれない。
 
 
 
ツイ廃とは病だ。
 
ツイッターがその人の全てではないのに、そこに全部あるかのように錯覚してしまう。
 
吐き出せるのはここしかないと決めつけている。
 
ツイッターを知らない人はどこか遠い気がして、その人を引きこもうとする。
 
いつの間にか自分にとって都合の良いフィールドになっている。
 
 
 
 
自己嫌悪ってほどじゃあない。
 
けど、やはりこんな自分は歪なんだろうと思ってしまう。
 
 
なんでだろう。
 
いつも僕を知っててくれる人はいるのに。
 
肯定的に見てくれる人はいるのに。
 
支えてくれる人はいるのに。
 
 
 
どうしてこんなに不安になるのだろう。
 
この不安は、胸の辺りで渦巻く黒い何かは、どうやったら取り除けるんだ。
 
 
 
 
 
おしまい。