メープルたいむ

甘ったるくゆったり読める雑記を目指してます。どうぞ「メープル」な一時を。

Twitterは依存しすぎなければなんだっていい。

久々のSNS論。

かつて大学でツイ廃*1芸人を名乗っていたこともあった僕ですが、まぁ本当にいろいろ痛い目に合いまして、ようやく健常なる(?)Twitterユーザーに成長しました。


そんな僕のタイムラインにとある方のブログが流れてきまして、
kanonote.com


とても共感でき、様々な方向への配慮と感情を込めた溢れんばかりの内容でした。かのさん、本当にお疲れ様です。

ただどうしても、ここまで情熱の篭ったものを読んでしまうと、なんというのでしょう。創作欲が刺激されるというか、何か言わずにはいられなくなるというか。

決して反論、というわけではないのですが、かのさんに引き続いて僕バージョンの「わたしの場合のマイルール」を語りたいと思います。

*1:Twitter廃人。Twitterに依存しまくりな人です。

続きを読む

【CSS】要素のセンタリング・中央寄せのテクニックまとめ

唐突に始める「Webデザインで使えるテクニック・小ネタをまとめてみた」第一弾。このシリーズでは、実際に私が四苦八苦したWeb制作のあれこれを紹介していきます。

※ある程度のHTML・CSS基礎知識を前提としています。


この記事ではCSSで要素をセンタリング(中央寄せ)する様々な方法を紹介します。

続きを読む

インドを大名旅行しただけで世界観が変わった話

報告遅れましたが、インドに旅行してきました。8/15~24の9日間。

親父がたまたま仕事の会議が現地であるということで、それついでに旅行しようということで行ってきました。

正直なかなかハードな旅でしたが、得たものは大きかったです。

続きを読む

完璧を目指さないこと、不完全を許し合えること

大人になることは、完璧を目指さなくなることかもしれない。

誰かと愛し合うというのは、不完全を許し合えることかもしれない。

続きを読む

自己犠牲と譲歩と自我と、自信

自分より人。

自分の意思と人の意思が衝突しそうになったとき、あるいは、人の強い意思を感じ取ったとき、決まって僕は相手に道を譲る。会話の主導権という名のバトンを渡す。

喧嘩になりそうなとき。
相手の機嫌が悪いとき。調子が悪いとき。
相手が何か強い主張を抱えているとき。
会話を回したそうにしているとき。


それを感じ取った瞬間から僕は一人の人間ではなく、相手にとってのリスナーであり、相槌係であり、カウンセラーであり、なんでも屋になる。

譲歩、どころか、自己犠牲のような気もする。

いつからか、あるいは最初から、僕はそんな自己犠牲的な生き方を選択してきた。

あらためて振り返ると、損得で言えば見るからに損であるし、精神的な負担も少なくない。それでも、その生き方を変えられない、替えられない、自分がいる。そんな話。

続きを読む

深夜の思考ログ@2017/6/11

とても久しぶりに、頭の中で言葉が渦巻いて眠れない夜がやってきた。

当方21にもなって、さもかっこつけた言い回しをしてしまうお年頃だけど、いわゆる昼寝のしすぎで偶然目が冴えているところに、センチメンタルな思考が流れ込んできたというだけだ。


さて、おそらく今までこの場所は、不肖わたくしの恥さらしの歴史そのものに他ならない。そしていつにもましてキザな言葉遣いを振り回したいこんな心の有り様では、そこにまた新たな歴史を加えてしまうだけのだが、とりあえず、この脳に延々と浮かんでは沈み、また渦巻くような言葉の嵐にお披露目の機会を与えてやるとしよう。

続きを読む

人見知りとか劣等感とか

久々にブログ書けそうだったので、思い切ってポチッとな。

星野源さん、テレビ番組で「人見知り」についての持論を述べる「すごく納得した」「耳が痛い」 (2ページ目) - Togetterまとめ

この記事を発端にいろいろ考え出してTwitterで呟いてたら文章量がとんでもないことになったので、まとめ。

続きを読む